「やましげ」のMyガーデニング(道草いっぱい)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「つわ」のつぼみ/エンジン類似音を義務化

<<   作成日時 : 2009/10/17 20:12   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

【「つわ」のつぼみ】
 もうすぐ黄色い花が咲く「つわ」ですが、今は開花直前のつぼみの状態です。今日、天神山公園(宮崎市)で撮りました。
画像

同公園内でヒノキの実が生(な)っていて珍しかったので撮ってみました。
画像
 
夕方には自宅近くの上空にこんな雲がありました。「山」という漢字に似ていませんか?
画像




エンジン類似音を義務化
<北國新聞(石川県)コラム「時鐘」2009/10/17付>に、チグハグな話題が載っていました。

エンジン類似音を義務化へ、という小さな記事が経済面に載っていた。走行音が静かすぎて危険とされるハイブリッド車に、エンジンに似た音が出る装置を搭載するという
大事な手だてに違いないが、妙な気もする。騒音は小さいほどいい。技術者もそれに知恵を絞ってきたのだろうが、静かすぎるのがアダになり、わざわざ騒音を出す装置の出番となる。まことにご苦労な話である・・』


 あまりにも静かになり過ぎて、自転車のように、歩行者が気づかぬ間に近づくのが危険だという理屈ですね。諺(ことわざ)にあるように「過ぎたるは及ばざるが如し」の典型のようです。

<共同通信の10月15日付記事>に以下のとおり詳しい説明が載っていました。
『HVにエンジン類似音装置 国交省が義務化の方針
 ハイブリッド車(HV)の走行音が静かすぎて歩行者に危険との指摘を受け、国土交通省は15日、低速走行時にエンジンに似た音が出る装置を搭載するよう自動車メーカーに義務付ける方針を固めた。車の保安基準を定めた省令改正に向け、近くホームページなどで国民の意見を求める。

 国交省によると、安全対策を検討する有識者会議でチャイムやメロディー音も検討されたが「静かな住宅地で車からそうした音が鳴るのは違和感がある」などの意見が多数を占め、ガソリン車のエンジンに似た音を同じくらいの音量で発することが最適と判断した。
 
一時的に音を消せるスイッチを付けるかどうかや、新車だけでなく既存のHVにも義務付けるかどうかは検討を継続。寄せられた意見も参考にする。

 HVはガソリンエンジンと電気モーターが動力源で、低燃費が売り物だが、時速20キロ以下の低速時や発進時は電気で動かすためほとんど音がせず、歩いている視覚障害者や高齢者、子どもに危険と指摘されていた。』


 さて、実用化されればどんな擬似「エンジン音」が聞けるのか気になるところですが、歩行者の安心・安全に役立つのであれば、早急に実用化してほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「つわ」のつぼみ/エンジン類似音を義務化 「やましげ」のMyガーデニング(道草いっぱい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる