飽食を慎み、楽天を心がける

<朝日新聞「天声人語」2010/07/02付>から引いた言葉です。 『江戸時代の人相見、水野南北は〈黙って座ればピタリと当たる〉とはやされた。精進の始まりは、その道の達人に「死相が出ておる」と言われたこと。生地大阪で極道を気取っていた頃の話だ▼南北は、己の凶相を消さんと粗食に努め、やがて人の吉凶は食生活が左右するとの考えに至る。運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more