ネルソン・マンデラ氏の言葉

 長年アパルトヘイトの人種差別により投獄されていた元大統領に、こんな言葉があるそうです。


達成するまでそれは不可能に見える
<日経新聞「春秋」 2010/6/11付に紹介してありました>


 何かを達成する前には、誰でも「不安」や「あせり」や「あきらめ」の気持ちが何度も現れるものですね。それで「弱気」になることもよくあることだと思います。ゴールに到達する直前まで「無理かもしれない」と思えることでしょう。
 
 しかし、マンデラ氏の言葉を知れば、不可能に見えるからこそ達成できる、とも言えるはずです。不可能に見えるものがあればこそ、それらを一つずつ乗り越えていけます。だからこそ到達できる道が開けてくる、という見方です。

 逆に、簡単だと思える目標であったら、懸命な努力をしないで、手を抜いてしまうこともあるのではないでしょうか。いつでもできると思ったりすれば、簡単な目標ほど達成が難しいものかもしれないですね。



 昨日、サッカーワールドカップが開幕しました。
開催地の南アフリカ共和国の元大統領・マンデラ氏は現在91歳だそうです。
昨日の開会式に出席予定でしたが、昨夜中継を見ていると、身内の交通事故のために急遽欠席されたようです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック